うるおい探究記

音楽、漫画、小説、ムダ知識の一行感想。
 
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 
<< くりいむレモン1 帰ってきた亜美 感想 ★ Great And Terribl Beauty(Libba Brayの三部作) >>

とある飛空士への追憶 感想

じんわりと哀切が表裏一体。
ローマの休日みたいな余韻の残る物語。

きれいな一話完結になっているところもいいなぁ。
飛空士とお姫さまのボーイミーツガールです。

なにしろ、姫さまを輿入れ先にお届けする任務の話ですので、
お触り厳禁、キスどころか手も繋ぎやしない。
飛行機という密室に2人きり、休む時は陸に2人きり。

飛空士の男の慕情と自制心は見上げたものだと思いました。
表紙のお姫さまも、人形じみた感情の強ばりが解けるところとか、
一度にどんとくる感動ではなくて、徐々に身につまされる良さがあります。

ああでも、あの終幕は本当にきらきらして綺麗だった。

これは人生のある一幕、まばゆい追憶の物語です。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


JUGEMテーマ:ライトノベル


一冊一記事感想 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

スポンサーサイト

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL  http://dokumugi.jugem.jp/trackback/394