うるおい探究記

音楽、漫画、小説、ムダ知識の一行感想。
 
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 
<< La Vita Romantica【1/13発売】 ★ 1月の本とまんが購入予定 >>

2009下半期 面白かった少女系ラノベ10冊

▼発売月順に10冊


▼7/18 華鬼4(完結) 梨沙 カズキヨネ 1365
驚異の凶甘ごちそうさまでした。全くホントに鬼甘です。
よく解らないところもあったので、ぜひ第二部を希望!

▼7/31 翼の帰る処 ―鏡の中の空― 上下 妹尾ゆふ子 ことき 945
吹けば飛ぶよな病弱文官中間管理職40男(見た目は30)の苦労物語。ただし読んでるコッチとしては、ヤツが困れば困る程面白いという妙なS心をそそられる。剣とか竜とか出てくるけど、一番愛されてるのは鳥!なりは東京銘菓ひよこをビックバードサイズにした感じで、走るし飛ぶし賢いし、くちばしで40男をつんつくするよな可愛い奴らです。値段がちと張りますが、読み応えのある王国ファンタジー。影の主役であるハードボイルド手練れ爺に惚れました。

▼10/15 女神の娘の恋歌 暁は伯爵、黄昏は魔王 響野夏菜 椋本夏夜 588
要はジキル博士とハイド氏(ただしイケメンにかぎる)
彼の領地にあるお化け屋敷に派遣された少女司祭のお話です。
一巻で綺麗に終わっていますが、どちらに軍配が上がるのか気になります。

▼11/14 アルビオンの夜の女王 ―吸血公爵と暁の御曹司―
  木村千世 こうじま奈月 588

トリブラをヴァンパイア騎士で割って白執事を足したようなお話。
一応、吸血する人も一名おりますが、他にも狼男やら、フランケンやら、どこぞの悪魔の王子さまやら、何か色々います。妖怪天国ですが意外な程ハーレム色がないのが読みやすくて好きです。昼の女王である妹との愉快なやりとりも微笑ましくていいなぁ。…あ、マッドサイエンティスト美少年もいる。

▼10/30 鳥籠の王女と教育係 姫将軍の求婚者 響野夏菜 カスカベアキラ 520
カエル王子がバカスケベ衝動に駆られ、姫のぱんつの海にダイブという愚挙にでる。当然、彼女らの不興を買ってしまうが、物語後半の怒濤の巻き返しで、読者も驚く程の名誉回復を遂げる。やるじゃん王子!ただのアホの子じゃなかったんだね!教育係は常識人間なので、アホパワーにかすみがちで不憫です。

▼12/1 横柄巫女と宰相陛下 金色の悲喜劇 鮎川はぎの 綾織路世 540
横柄…というかただ口下手なだけで、中身は非常に純朴なパッツン黒髪の巫女と、家庭運のない幸薄そうな元宰相/元陛下のこそばゆいナンチャラを、ありがたーい神獣?のはずだけど、見た目もさもさの犬人間(人面犬の逆ね)の犬がヲチしつつ、ツッコミ入れたりするお話。ほのぼの面と、宮廷暗澹黒々面の釣り合いがいい感じで好きです。おっかない女の表情イラストが毎回凄いです。(ノトは可愛い)
女性陣に押されがちな王様が、なりふり構わなくなったら見物だと思う。
あと、愉快なリリィ様大好き。

▼12/1 光炎のウィザード 未来は百花繚乱 喜多みどり 宮城とおこ 580
大円団!糖度低めのシリーズでしたので、まさかそうくるとは思いませんでした。
ほんとに良かった良かった。(一名除く)好きなシリーズでしたので、終わってしまうのがもったいない気もするけど、よい幕引きだったのでとても満足です。

▼12/1 夜の虹 毛利志生子 増田メグミ 580
チョコドーナツ頼んだら、黒パンにキャビアがきちゃってどうしよう…って感じのお話。おいしいけどアップルパイやら鯛焼きやらのコバルト群のなかでは、かなり異色の出来。ロシア帝国が舞台なので、名前も地名も文化も慣れるまで少しかかりましたが、200p越えたあたりから面白くなってきました。著者のどの作品もかなり硬派なので、軽くて甘くて楽しいのを求めている方には不向きですが、ヘビーな黒パン上等だぜ!ヤクの乳もどんとこい、…っつー異文化チャレンジャーには食べ応えがあると思います。よさげな男キャラ3人もいるのに、なぜか全員腹に一物持ってそうな…。

▼12/1 魔法の雫 薔薇の雫 レザンスの花嫁 金蓮花 山岡鰆 540
旦那、アホおもしろいのでつい読んでしまう。


▼12/1 ブランデージの魔法の城 魔王子さまと鏡の部屋の秘密
橘香いくの 石川沙絵 520

サクッと読めるラブコメ。チビ魔王子が可愛かったです。
世継ぎを儲けたい理由がいまいちよく分からないのですが、技術継承のためなら弟子取れば済む話ですし。魔王、実は寂しがり屋なんでしょうか。


■ 2009年はこんな感じでした。
・最近Cノベルスはお株を幻狼に奪われてる気がします。バンダルの続刊が待たれるこの頃です。
・ここ近年希に見るアホ企画「マメレージ」
読者にそうと気付かせずに気持ちよくお金を落として貰うやり方を、もっと考えた方がいいです。中高生相手に、ここまで露骨なのは大人げない。
・「魔女の宅急便」完結
ホッとしたような、さびしいような気持ちです。角野先生のHPのキキとジジの日記も面白いのでご一読あれ。
・「ゲルマーニア伝奇」完結
榛名しおり先生がHPにて執筆されていた同作品が完結しました。大人の事情で出版はされないそうですが、続きが読めて嬉しいです。

あんまり、新規開拓できなかったので、来年は少年向けも試してみたいなぁ!


JUGEMテーマ:ライトノベル

ラノベ・漫画一行感想 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

スポンサーサイト

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL  トラックバック機能は終了しました。